可愛い猫の健康を守るには│効果的な肝臓病対策を知ろう

犬

小型犬を飼おう

ドッグ

チワワは小さな犬のため、運動量などが少なくても問題がありません。そのためマンション住まいや多忙な人でも飼いやすい犬種として人気があります。チワワのブリーダーは長毛種や短毛種など、個人によって取り扱っている種類も異なります。

犬をどこで購入しますか

犬

人気の小型犬トイプードルを購入する場合、ペットショップやブリーダーから購入できます。ペットショップならば、多数街に存在しているので気軽に購入することができるといった利点があり、ブリーダーならば、生まれた環境が確認できて、かつ直接分からないこともアドバイスをもらうことができるでしょう。

発見が困難なペットの病気

猫

ペットの犬や猫の「肝臓病」は早期発見が非常に難しい病気とされています。肝臓病はそのほとんどが、初期の段階では全く症状が現れず、食欲の低下や体重の減少、嘔吐といった症状が現れた時には、すでに進行している場合がほとんどなのです。その他、よく水を飲みオシッコが近い、白目や歯茎が黄色っぽくなったという場合は、肝臓病が進行している可能性が高いですので、早期に動物病院を受診して下さい。犬・猫の肝臓の異常は「血液検査」によって、比較的簡単に把握できます。早期発見であるほど、肝臓病は治療効果も高まりますので、年に一回は必ずペットの健康診断を行うことをお薦めします。犬・猫の肝臓病の治療において、最も重要なのが「食事管理」とされています。脂肪分の少ない良質な「タンパク質」と、「炭水化物」をバランス良く摂取することで、肝臓への負担を軽減させ肝機能の回復を図るのが、治療の基本となります。この食事管理を徹底しつつ、3週間ほど輸液をし強肝剤を投与しながら様子を見ます。犬・猫の肝臓の病気は一度完治しても、後に再発してしまうケースが少なくありません。完治後もしばらくは、定期的に検診を行うようにして下さい。最後にペットの肝臓病の対策として、ペットフードを与えている場合は、そのペットフードの栄養素を把握しておくことをお薦めします。一度ペットが肝臓病を発症したら動物病院の獣医に、積極的に摂取した方が良い・そして摂取を控えた方が良い栄養素を聞き、それらに適したペットフードを選択すると良いでしょう。

犬の健康を考えるのなら

ドッグ

柴犬は飼いやすい素質を持つため、国内問わず世界中から注目を集めています。柴犬を購入していく上で、ペットショップとブリーダーとでは健康面や今後の飼育に関して違いが出てきます。ブリーダーは1つの品種にこだわり、健康や情緒の面で徹底して飼育をしているので、良質な柴犬を購入することができます。